おいしいコーヒーで、ちょっと一息つきませんか

コーヒーを美味しく飲むために

コーヒー雑学2

コーヒーの検定試験

コーヒーが好きな方は、その知識を生かして、資格を会得するという道があります。

たかがコーヒー、されどコーヒー。

幅広い方々に愛されるコーヒーの世界だからこそ、より高い知識と技術を持った「プロ」がが求められているのです。

・コーヒーインストラクター検定

コーヒーインストラクター検定は、コーヒーの正しい知識と一流の技術を多くの方に身に付けてもらうために始められた資格認定制度です。

日本で初めてコーヒーに関係するプロフェッショナルを養成するための制度になっています。

コーヒーを楽しむだけではなく、もっと多くの知識を身に付けてコーヒーの事を知ってもらおうと言う考えから、

2003年に全日本コーヒー商工組合会が中心になって設立しました。

この資格を取得するためには、講習を受けることと、検定試験に合格すること、このふたつが必要になってきます。

資格は、2級、1級、コーヒー鑑定士、と3段階に別れていて、級が上がることに難易度も高くなっています。

2級では基礎的なコーヒーの知識と鑑定の技術を身に付ける事が出来ます。

講習会を1日受講して、年1回の試験に合格すれば取得出来ます。

1級では、2級よりも高度な知識と鑑定技術が必要になります。

2級の資格を持った方が必須で、講習会と実技を2日にかけて受講し、年1回の試験に合格すると取得出来ます。

コーヒー鑑定士では、原料の調達や製造管理、品質管理などを含めて、より高い知識と技術が求められます。

1級の資格を持った方で、3日間の講習を受け、年1回の資格試験に合格すると取得出来ます。

・コーヒーコーディネーター検定

実は、コーヒーコーディネーターと言う資格があるのです。

コーヒーコーディネーターは、コーヒーの基本的な知識である、焙煎の仕方、挽き方、抽出方法から、

オリジナルブレンドの作り方、コーヒーに合うお菓子など、専門的なことについて学びます。

認定試験を受けて合格すれば、資格を取得することが出来ます。

この資格は、いわば「コーヒーのすべてを知っている」ということになりますので、

本格的なコーヒーのスペシャリストとして仕事に生かすことができます。この資格を持っていると、カフェを開業することも出来ます。

コーヒーコーディネーターのための受講期間は約6ヶ月、受講を終了した後に随時試験を受ける事が出来ます。

通信講座ですので、自宅で資格試験を受ける事が出来ます。

このほかにも、通信講座で、さまざまなコースで勉強することができます。

コーヒーコーディネーター養成コース・カフェオーナー養成コース・カフェスペシャリストコース・

コーヒーインストラクターコース・カフェバリスタコースなど、様々なコースがあります。

カフェオーナー養成コースは、カフェショップを始めようと考えている方だけでなく、

趣味の範囲でコーヒーやコーヒーカップについて学びたい方、コーヒーに合うお菓子の知識を高めたい方などにもお勧めのコースです。

また、カフェスペシャリストコースは、カフェオーナー養成コースのさらに上級になり、ショップの経営方法などの専門的なことも学ぶことが出来ます。

どのコースも、きっちりとした認定資格を取ることが出来るので、

コーヒーに関係する仕事や自分の店を持つことを考えている方には、必要になる資格と言えるでしょう。

どの資格も通信講座で学べます。

いまはたくさんの通信講座があります。いろいろな通信教育会社の資料を送ってもらって、検討してみてはいかがでしょうか。

Copyright(c)2008   eshopacademy.corp.  All rights reserved. ホームページ制作 東京
Ads by Sitemix