おいしいコーヒーで、ちょっと一息つきませんか

コーヒーを美味しく飲むために

おいしいコーヒーのためのステップ2

美味しいコーヒーのために(淹れ方)

コーヒーの淹れ方

コーヒーを淹れる方法は何種類かあるので、それぞれ正しい淹れ方を知っておきましょう。

コーヒーの淹れ方には、ペーパードリップ・ネルドリップ・サイフォン・ウォータードリップ・バーコレーターなどの種類があります。

家庭で簡単にコーヒーを楽しむには、ペーパードリップがお勧めです。ペーパーフィルターを使って、挽いたコーヒー豆をろ過させる方法です。

お湯の温度や抽出する時間によって、苦味の強いさっぱりとした味や、甘みとコクのある味など違う味を出すことが出来ます。

コーヒーメーカーを利用してみるのも良いでしょう。

忙しい朝でも、おいしいコーヒーだけは欠かせないと言う方にはお勧めです。

簡単な操作で、淹れたてのコーヒーが楽しめます。

ネルドリップは、フィルターにネル(布)を使ってろ過する方法です。

後の清掃がたいへんですが、柔らかな甘みをしっかりと引き出したい方は、ぜひネルドリップを使ってみましょう。

サイフォンは、ゆっくりとしたコーヒータイムを楽しみたい方に、使っていただきたい方法です。

ただし、上手に淹れる事が1番難しい抽出方法ですので、専門的な知識を学んだほうがよいと思われます。

その他、バーコレーターは、コーヒーの粉と水を専用のポットに入れて火にかけるだけの簡単な方法なので、

アウトドアでコーヒーを楽しみたい方にお勧めです。

コーヒーを淹れる器具

この器具についてですが、実は、豆の種類によっても使い分けが必要になります。

コーヒーを淹れる器具の中でも1番簡単に使うことが出来るのは、ペーパードリップです。

シンプルな味のコーヒーを淹れるときに使うと良いでしょう。

ネルドリップは、衛生面で取り扱うのが難しいのですが、コーヒー専門で使われているように、最もおいしくコーヒーを淹れることが出来るので、

面倒でもおいしいコーヒーが飲みたいと思う方は、ぜひネルドリップに挑戦してみてください。

サイフォンは、コーヒーを飲む演出としては、とても良い雰囲気を出してくれます。

サイフォンで淹れるコーヒーは、抽出ぶれが無く香りが1番強く出るのですが、簡単に思うような味や香りを出すのは難しいと言われている器具です。

サイフォンで使う豆は、粒子が細かいほど味が濃くなります。

コーヒープレスは、ティーサーバーのような形ですが、このコーヒープレスで淹れたコーヒーは、

ペーパードリップでは出せない、味と香りを楽しむ事が出来ます。

コーヒープレスを使う場合の粉は荒めがお勧めです。細挽きでは苦味が出すぎるので、注意して下さい。

Copyright(c)2008   eshopacademy.corp.  All rights reserved. ホームページ制作 東京
Ads by Sitemix